無料ブログはココログ

2020年7月26日 (日)

GIulia 直りました。

7/23 TBCCに向け袖ヶ浦フォレストレースウェイへ向かう途中、アクアラインで故障したGiulia 。結局、デスビ内のピン折れというトラブルで、早速直ったと連絡受け、取りに行ってきました。


 


 



 

2020年7月25日 (土)

7/23 TBCC たどり着けず

7/23は久しぶりのTBCCのレースのため、5時前に自宅を出発して袖ヶ浦フォレストレースウェイ目指しました。

快調に首都高走って、アクアラインに入って少し走ったところで、パンパンと大きな音で突然バックファイアが。トンネル内で大きな音がしたため、後ろの車が距離をとっているのがバックミラーで見えました。

 

交通量がそこそこ多かったので5速でダラ~と走っていましたが、プラグのかぶりだったら回転あげればとれるかと思い、4速、3速と落として回転上げて加速しようとアクセルを踏み込むと、バンバン、バンバンバンとすごい爆発音がして、これは尋常ではないなと感じ、路肩に車を停めました。

 

 

Kimg0308

 

しばらく休んでエンジン始動を試みましたが、かかりません。

結局、レッカー車を呼んで、エムズガレージさんまで運んでもらいました。

 

その後、車を見てもらったところ、デスビ駆動用のギアをシャフトに止めているピンが折れて、点火タイミングがずれていたとの連絡をもらいました。

2Lチューンドエンジンに載せ替えて初めて走ったのが2010年1月。それから10年、サーキットメインで使っているので、思わぬところにも疲労が蓄積してきていたのかもしれません。

明日には直って、車を取りに行く予定です。

 

またもやレースで結果を残せず残念でしたが、おおごとではなかったのが不幸中の幸いでした。

 

 

2020年7月21日 (火)

ジュリア、間に合いました。

7/23のレースに向けて、仕上がった車を土曜日に引き取ってきました。

 

Kimg0307

日曜夜に慣らしを兼ねてひとっ走りしてきましたが、点火時期をきっちりセッティングしてもらったこともあり、高回転良さそうです。

7/23は曇りか、雨か、微妙な天候そうですが、壊さないように久しぶりのレースを楽しみたいと思います。

 

 

 

2020年7月15日 (水)

Giulia エンジン復活へ

3月のレースで壊したエンジンは、ピストンの棚落ちでした。

トラブルがあったピストンは1個ですが、4個すべて交換してもらって、組み上がっています。交換したピストンは基本同じものですが、若干バージョンアップして微妙に形状違うこともあり、シリンダー容積の計量、バルブ突き出し量の調整等ひと通りヘッドをやってもらうことになりました。

 

ピストン棚落ちは、キャブセットで薄すぎたことと、点火時期の問題で異常燃焼が起きたと考えられます。その際にはノッキングが発生していたはずです。

対策として、ノックセンサーをシリンダーブロックに取付け、ノッキングが発生した際に警告ランプが車内で点くようにします。

 

 

エンジン組み上がって、すでに車両に搭載されていますが、点火系のトラブルが発生してトラブルシューティングしてもらっています。

7/23(海の日)が、6月から延期になったTBCC第1戦なので、それには間に合わせる予定です。

 

 

 

 

2020年3月 3日 (火)

2020 AR CUP 1st 筑波 予選リタイア

2020 AR CUP 1st としてSuper Battle of Mini の中のEuropean  Classic Challenge に参戦しました。


 


結果は、残念ながら予選リタイアでした。


 


予選10周走ったところでオレンジボール。オイル吹いたようです。


 



 


車引き取ってもらってチェックしてもらいます。
大事でないといいのですが・・・。

2019年12月 8日 (日)

2019 AR CUP 最終戦

2019 AR CUP 最終戦は、袖ヶ浦フォレストレースウェイで、TBCC Hyper/SUper Crystal CUP でした。


 


予報は晴れだったのですが、朝、サーキットに向かう途中、ひどい霧が。サーキットはその影響か路面が濡れていました。


雨は降っていないのですが、路面がまだあまり乾かないうちに予選開始。


前が詰まってなかなかアタックできないまま数周がすぎ、やっと前が空いたところで2周だけアタックして予選終了。


最後の8周目に1’25’567は、なんと予選 全体の2番手。フロントロー獲得です。


 



 


決勝は1周目で赤旗中断。再開後、9周のレース。


予選グリッド 後ろにずらっと並ぶ自分より速い車にドンドンん抜かれ、同クラスの#49Ford Anglia にも抜かれたところでレース終了。


クラス2位で表彰頂きました。


 



 


AR CUPは決勝ベストが1’23’168で目標タイム 1’22’500にまあまあ近かったのですが、他はもっと近い方が何人もいて、表彰圏外で終わりました。


 


マシンはエンジン、デフと今年はトラブルに見舞われた年でしたが、一通り直して調子が良いので、あとはドライバーだけですね。練習します。


 

2019年9月 9日 (月)

2019 AR CUP 5th 袖ヶ浦フォレストレースウェイ

袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたTBCC Super/Hyper Crystal CUP に参戦してきました。

3月のエンジンブローからの復帰戦。

エンジンはかなりの重症でヘッド周り一新。一部パーツもバージョンアップして高回転でパンチのあるエンジンになりました。

 

Img_1650_20190909115801

 

Img_1649



Img_1648

ニューエンジンを活かしきれず23秒台(ベストの1秒落ち)でしたが、スーパークリスタルカップ、AR Cupとも2位で表彰頂きました。

 

Img_1652

エンジン壊さず、ひとまずホッとしました。

 

 

 

 

 

2019年8月25日 (日)

アルピナB10 イグニッションコイル交換

夏休みに軽井沢に1泊旅行にB10で行ったのですが、出発少し前にエンジンにバイブレーションを感じ、エンジンチェックランプが点灯してしまいました。ネットで調べると、どうやらイグニッションコイルが怪しい模様。いろいろ調べると純正はBREMIというメーカー製であるが、OEMのボッシュ製の方が評判が良さそう。ボッシュの該当製品だと国内より海外から調達した方が安そう、ということで、BMWの海外からの部品調達では良く使われているらしい Pelican Parts さんからお取り寄せ。注文から2週間ほどで届いたので、早速交換しました。

頭が丸いのが交換前、四角いのがボッシュ製の今回取り付けたものです。

交換前のものは8本とも✖✖ ✖✖ 99 と表記がありました。一定期間で定番で壊れる部品のようですが、うちのB10は新車時から1回も換えずにもっていたようです。



交換はBMWと書いたプラグ位置のカバーを外し、10ミリのボルト2本をはずし、引き抜いて交換、あとは逆の手順で戻すだけと簡単です。が、8本もやると結構疲れました。

交換後は、振動もなくなり絶好調。しばらく走っているうちにエンジンチェックランプも消灯しました。

 

これとは別に、ABSの警告灯が点いてしまい、今までショップでフロントのスピードセンサー、カムポジションセンサー、加速度センサーなどエラー

メッセージが出る順に交換してきましたが、消えていませんでした。ABSユニット本体としか考えられないということで、夏安みあけに修理に出す予定でしたが、エンジンチェックランプの消灯と一緒にABSの警告灯も消灯し、点かなくなりました。

どう関連しているのか不明ですが、様子を見ようと思います。

 

 

 

2019年3月16日 (土)

バルブ折れてました。

先日、ブローしたエンジンを見てきました。

3番シリンダーのインテークバルブが折れて、傘の所がシリンダー内に落ちて暴れていました。
また、その結果と思われますが、金属の破片がインテーク側のカムに噛みこんで、カムが回らない状態になっていたとのこと。
ダメージは3番のバルブ、ピストン、ライナーがダメ。ヘッドは多少キズはありますが、許容範囲っぽいです。あとはバラシてみて、その他の部分のダメージ確認をしてもらい、交換部品を決め、ついでにOH。ピストンリング、メタル、チェーンは替えることになりそうです。
想定していた最悪、(エンジン内バラバラ、ヘッドやシリンダーブロックにもダメージなど)よりはだいぶダメージ少なく済んだと前向けに考えるようにします。
Img_1360
Img_1361
#45はまたしばらく工場入り。素敵な車達に囲まれていました。
Img_1363

2019年3月11日 (月)

AR CUP 2019 2nd

AR CUP 2019 第2戦 TBCC 最終戦は、決勝、エンジンブローでリタイアに終わりました。

Img_1353
予選は、1’25’025で11番手。目標タイムの1’22’600に遠く及ばず。どうもエンジンが重く感じられました。
Img_1354
ジェットをM/J 175 A/J 220 ⇒ M/J 165 A/J 210 に薄めにリセッティングして決勝にのぞみました。
決勝は、2周目に上位で接触事故があり、赤旗中断。中断後再スタートしましたが、同じクラスの車にじりじり遅れたのち、9コーナー立ち上がり最終コーナー手前でエンジンストップ、リタイアとなりました。
リタイア後、3番プラグを外してみると、なにかが当たって破損した後が・・・。
エンジンに重大な損傷がある可能性が高いと思われます。
Img_1355
車はサーキットに置いて、明日、エムズさんに回収してチェックしていただくことになりました。
原因がわかったら、しっかり直して、また元気に復帰したいと思います。

«AR CUP 2019 1st

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31