無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

7/8タイスケ

Msalfa_016 7/8インタークラブヒストリックカーレースのタイスケが届きました。

8:25  耐久予選

9:10     111CUP予選

11:37 2h耐久決勝

14:46    111CUp決勝

111CUPの決勝が耐久より後というのは想定外でした。耐久のスタートが昼頃だったり最後の方だったりはありましたが、いつも111CUPが終わってから耐久というイメージがあったものですから・・・。

何か自分の中で、切り替えが大変な気がしますが、それも含めて、楽しんできたいと思います。

 

2007年6月24日 (日)

耐久準備

Dsc_1390 7/8に筑波サーキットで行われるインタークラブ耐久祭り2h耐久に、エムズガレージさんの白スパイダーに乗せていただき参加できることになりました。

当初、75で参加を計画していましたが、諸般の事情により車両変更に。

昨日は、参加ドライバー全員集合して、ブレーキキャリパーのOH作業をしました。

キャリパーをはずして、ピストンをエアガンで抜いて、シール類の交換と、洗浄をして、サイド組み付けます。私は、フロントのキャリパー(マツダのFC用4potキャリパー流用)1つを作業させてもらいました。手順は、なんとなく理解したつもりですが、一人で自分の車を全て作業できるかと考えると、ちょっと根気が持ちそうにありません(^_^;)

Dsc_1391 写真は、アルファ純正のATE製リアキャリパーです。

2007年6月 9日 (土)

雨の筑波 スピン!!

Tukuba070609 フリー走行や走行会などで、いきなり1周目、2周目でコースアウトしている車っていますよね!

正直、今まで、何やってんだか・・・って冷たい視線で見ていました。

ところが・・・

自分でやっちゃいました!!

ダサイです。迷惑です。恥ずかしいです。

土曜日の筑波は、午前中がバイクのフリー走行、午後が4輪の走行でした。私は、13:00からのT1、14:00からのT2を予約してあり、11:00前には筑波サーキットに到着していました。バイクのフリー走行の間は、曇天ながらなんとか、雨は落ちてこなくて、これはなんとか持つかな・・・と期待させる天候でした。

ところが、12:30に4輪のファミリー走行が始まると、ポツポツと雨が落ちだし、私がT1でコースインするころには本降りに、2,3周したころには豪雨になり、コース上はそこら中が水溜り。1コーナーから1ヘアの間も、怖くて踏んでいけません。おっかな、びっくり、1分20秒台くらいのペースで周回して、戻ってきました。それでも、最後の周にはほとんど雨もあがってきて、次のファミリーの枠では、雨はほとんど降っていませんでした。

30分のファミリーの走行枠が終わって、T2枠でコースインしたころには、ところどころ路面の乾いた部分も見えるハーフウェット状態、私は3台目でコースインしました。前の2台が小排気量車だったので1周目に前に出させてもらって、2周目はタイヤを暖めつつ徐々にペースをあげていこうとしていました。1コーナー、1ヘアと先ほどの走行時とは全然違い、思いのほかグリップしている感じ。ダンロップは、イン側は乾いていました。

ダンロップを慎重に進入したため、いつもよりアウトに膨らまず真ん中へんで立ち上がり、80Rは少し外からいつもより舵角少なめでジワーッとアクセル開けていきました。そのとき、、、

右にリアが出て、

カウンターが遅れ、

スピン!!

一度、後ろ向きの状態で左側のダートに出て、

再びコースに振り戻されて180度スピンして、

2ヘアの手前で前向いて止まりました。

ホント、スポンジバリアにも後続車にも当たらなかったのが奇跡。

後ろを走っていた方には、本当に申し訳なかったです。

その後、一度ピットに戻りましたが、車が泥だらけ、草だらけのほかは異常はなし。

あー助かった。

雨上がりのコース。場所によって乾いていても、場所によってはまだ濡れていて滑りやすいという、当然のことがわかっていなかった初歩的なミスでした。

正直、あそこであのスピードでスピンするとは考えていませんでした。だから、対処が遅れたのでしょう。雨をなめたらいけません。大反省の1日でした。

2007年6月 3日 (日)

週末

Dsc_1340_1  先週は、仕事でトラブルがあり大変な1週間でしたが、この週末はのんびり過ごすことができ、だいぶ調子が戻ってきました。

 昨日は、このところFSWで何度も洗濯板のような縁石に乗ったのでトーリンクの緩みなどないかチェックしてもらうため、いつものT-sportさんにロータスを入れました。ヘボ会の時、直線でわずかに直進性が悪くなったように感じたのですが、チェックの結果、トーリンクの緩みなどありませんでした。同時に、拭き取りが悪かったワイパーの調整とミッションオイルの交換をしていただきました。これで、安心して筑波の練習に集中できます。

 1日車を預けたところ、タイヤカスだらけだったボディもすっかり綺麗になって帰ってきました。(大将、ありがとうございます(^^♪)気分が良いので、今日、エナペタルのステッカーを貼ってみました。

小さめのステッカーですが、貼ってみると以外に目立つカモ?

それから、先日の111CUPでサイドへの貼り付けを指定されたADVANのステッカーを剥がそうとすると・・・

わぁーーー、糊がベトベトだーーー!!!

Dsc_1339

ステッカーを貼った場所が、サイドの透明シートのプロテクターが貼ってある場所だったので、パーツクリーナーを大量に使って、なんとか綺麗にしました。

そうそう、昨日、ロータスを整備していただいている間に少し時間があったので、アルファのディーラーに寄ったところ、159Q4のAT仕様に試乗させてもらうことができました。排気量があるので下から充分なトルクがありますし、回転をあげると、それなりにいい音をさせて加速していきます。操作系に剛性感があり、しっかりとしたいい車という印象でした。ただ、低速で動いたり、止まったり繰り返していると、軽いドンというショックを感じることがありました。ATのキックダウンと4駆の切替かなにかの駆動系のショックのようですが、車が洗練されているだけに気になりました。これなら、MTの方がいいかな、とディーラーの方に話すと、MTは現在国内に入っている分を売り切ったら終了だそうです。なんでも、Q4のMTは埼玉県内では、まだ1台も出ていないほどの不人気車のようです。

155では雪道で何度かハマっているので、後継車は4駆がいいと思っているのですが、何年か後に、159Q4(MT)を中古で探すという作戦は、どうやら難しいようです。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31