無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月20日 (土)

サーキットの狼 ミュージアム

Photo 茨城県の東関東自動車道 潮来インター近くに、”サーキットの狼ミュージアム”が5月にオープンしました。

自分が小学生の頃にこの漫画が流行って、スーパーカーに憧れました。当時、デパートの屋上などで「スーパーカー・ショー」などというイベントがあって、カウンタックや308GTBなどが展示されているのを観て興奮したのを今でも覚えています。

ここに展示している車の大部分は、111CUPの常連でもあるYさんのコレクションだそうです。少年の頃、同じように憧れて、夢を現実のものにしたのだな~と思うと、なんだか嬉しくなってきます。

ここに行ったらあの時の気持ちまで戻ってきそうな気がして、いつか必ず行ってみたいと思っています。

2009年6月13日 (土)

カフェレーサー

エリーゼ乗りの友人が旧い車を買ったというので、一度見せて~とお願いしていたら、今日我が家へ寄ってくれました。

66年式オースチン・ヒーリー・スプライト。カフェレーサーとしてのモディファイが各部にされていて、オリジナルより、低く流麗に見えます。

Healey03 

Healey02

ご好意でハンドルを握らせて頂きましたが、車体が軽いようで、動き出しが軽く感じられ、十分楽しめる速さを持っています。この時代の英国車もいいですね~。

この車、どこかで見たことあるな~と思われる方もいると思われますが、実は2003年3月のCAR MAGAZINE誌の中でBOWさんプロデュースで製作された車、そのものとのことです。雑誌の時より、前のオーナーの手により各部に更に手が加えられています。

この時の記事、私も気に入って本を残してありました。

Healey_book

2009年6月 8日 (月)

Inter Club 2009 第3戦

Interclub2009061

Inter Club 2009 第3戦 の観戦に行ってきました。

9:00の111CUPの予選に間に合うように行くつもりでしたが遅れてしまい、予選中に到着、あまり観たことのない1コーナー内側から観ました。やはりいつもタイムをだしている車両は、アクセルオンのポイントが早いのが良くわかり、なかなか面白かったです。

金網ごしに流し撮りのマネをしてみましたが、難しいですね!唯一、いい感じで撮れた1枚。

Interclub2009062

AR-CUPの車両待機場所。今日は暑かったため、全般的にタイムは出ていませんでしたが、そこら中で楽しそうなバトルが見られました。

Interclub2009063

グリーンフラッグFクラスの車両達。こんな車も乗ったら楽しいのでしょうね!

Interclub2009065 Interclub2009066

2009年6月 6日 (土)

ジュリア スーパーの実力

今年のGiro di Karuizawa では、サポートカーに仕立てた友人のジュリア スーパーの助手席に乗せてもらいましたが、改めてノーマルのジュリア スーパーの実力に感心しました。

充分な広さを持ち実に快適な室内空間、そしてクッションの効いたシートでゆったりした乗り心地、工具などがっぽり飲み込む広いトランク、サービスカーとして何の不自由もない実用性と快適性を備えています。

それでいて、ワインディングロードでその気になれば、思いっきりスポーツできます。

ラリー中に草津の周辺でドライバーを交代して私が運転したことがあったのですが、ちょうどその時、先頭に小排気量ながら上りでもグングン上っていくアバルト レコルト モンツァ、その後を追いかけるDino、後ろから凄い勢いで飛んでくるALPINE A110という場面になりました。サポートカーのジュリアスーパーも、一生懸命走らないと置いていかれてしまいます。そんな場面での165/80R15のタイヤと相談しながらのコーナリングは、まさしくスポーツドライビングだと思いました。

Giro di Karuizawaで同乗したジュリアスーパー、又その前の週に後部座席に乗せて頂いた2000ベルリーナと、ノーマルの良さを大切に残したジュリア系ベルリーナに触れ、こんな車を普段の足にするのもいいなぁ~とレーシングばかりに目がいっていた自分にとっては目からうろこでした。

Super4

Super2_2

Super3_2

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31