無料ブログはココログ

« Inter Club 2009 第3戦 | トップページ | サーキットの狼 ミュージアム »

2009年6月13日 (土)

カフェレーサー

エリーゼ乗りの友人が旧い車を買ったというので、一度見せて~とお願いしていたら、今日我が家へ寄ってくれました。

66年式オースチン・ヒーリー・スプライト。カフェレーサーとしてのモディファイが各部にされていて、オリジナルより、低く流麗に見えます。

Healey03 

Healey02

ご好意でハンドルを握らせて頂きましたが、車体が軽いようで、動き出しが軽く感じられ、十分楽しめる速さを持っています。この時代の英国車もいいですね~。

この車、どこかで見たことあるな~と思われる方もいると思われますが、実は2003年3月のCAR MAGAZINE誌の中でBOWさんプロデュースで製作された車、そのものとのことです。雑誌の時より、前のオーナーの手により各部に更に手が加えられています。

この時の記事、私も気に入って本を残してありました。

Healey_book

« Inter Club 2009 第3戦 | トップページ | サーキットの狼 ミュージアム »

コメント

見たことあるある!やっぱ本物だったです。
こういうセンスいいなぁと立ち読みですが研究してました(笑)

>名無しさん
 名前入ってなくてどなたかわかりませんが、実車が走っているのを見かけたのでしょうか?
 不自然な感じが全然ないし、低くて、カッコイイですよね~。

ここまでやると、この車も凄くカッコ良くなりますネ!
僕もこの雑誌、今でも時々見て勉強しております。

>S&JrZAGATOさん
 おっ、S&JrZAGATOさんにそう言っていただけると、すごく嬉しい、って自分の車ではないんですが(笑)

顔はあまり変えていないのに、オリジナルとは違う雰囲気がでていて、いい感じでした。

テストで何度か乗らせて頂いた事ありますが、
大好きなモデルです♪

ちゃんとサーキットも走れるいい車ですよね!!

近い将来欲しい一台です。

>かきどさん
 オーナーさんはエリーゼもお持ちなので、この車はサーキットで使ったらもったいないね、と言ってしまいましたが、ちゃんとサーキットでも走れる車なのですね!やはり、軽さは走りの全てに効くということでしょうか。

  遅れて登場します。 縁あってこの車のおーなーとなりました。  私もカーマガジンでこの個体を知って、 いつかはこんな車にのりたいな~と、時々スクラップBOOKを見ながら憧れていました。  
 そんな車が初めて寄ったSHOPでなんとFOR SALE  後先考えず衝動買い、  今は正解だったと自分に言い聞かせています?
 ところで、先日車検をユーザー車検で行いました。 色々すったもんだがありましたが、 なんとか通すことができました。  SHOP で購入してから何もいじっていないにも関わらず一発では通らず、2週間かかってしまいましたが、いったいSHOPではどうやったのでしょうか?  でも次回以降の勉強にはなりました。

>りらっこまさん
 先日は、ありがとうございました。正解だったと、私も思いますよ!逃したら、手に入る車ではないですもんね!

 車検は、その時々のブームで、最近はウィンドウォッシャーうるさいらしいとか、ホイールのJWLマークを急に言われるようになったとか、で前回までと同じなのに通らなかったりもあるようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カフェレーサー:

« Inter Club 2009 第3戦 | トップページ | サーキットの狼 ミュージアム »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31