無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

Giro 2010 観戦

ジーロ・デ・軽井沢 2010 観戦してきました。今年はサポートカーではなくて、純粋に観戦です。チェックポイントの倉渕福祉センター せせらぎの湯へ家から155で直行して待ち伏せしました。

何年か前にこのイベントで見て、大好きになったデトマソ・バレルンガ。外見も好きですが、乗っても楽しそうな車です。

Ziro2010_1

Ziro_2

ガレージでうちのGiuliaのお隣さんだったTZも元気にラリーしていました。

Ziro_3

Ziro2010_4

SPRTITALIA のDino も絶好調。このレーシーな外観はひときわ目立っていました。

Giro2010_8

Ziro2010_6

Ziro2010_7_2

永遠の憧れ、ランボルギーニ ミウラ。危うく見逃すところでした(笑)

Ziro2010_5_2

2010年5月29日 (土)

オイルパン対策

オイルパンには、写真のような、プレートが追加されました。

横Gでのオイルの偏りにより、クランクでオイルをかき回さないようにするためと、オイルポンプで吸えなくならないようにするためだと思われます。

潤滑不良は怖いですからね~。

Photo_2

2010年5月22日 (土)

メタルクラッチ

クラッチはOS技研のスーパーシングルを使っています。

クラッチの当たり面を見ると、まだ1/3位は当たっていない部分がありました。鈴鹿往復+練習、予選、決勝とその前後で1000Km以上はいろいろなシチュエーションで走っていると思いますが、あまり減っていませんでした。まあ、たしかに高速道路も鈴鹿の東コースもクラッチ踏む機会は少なかったです。

しかし、メタルクラッチのフェースって、こんな本当のメタルなのですね!

ブレーキパッドはメタルと言っても、メタルで無いものと見た目はそんなに変わらないから、クラッチもそんなものかと思っていました。これでは、バネ付きとはいえ、半クラッチしづらいはずです。

Photo

2010年5月16日 (日)

パーツ・・・from US

USのレースパーツ屋さんから届きました。

TILTONのショートタイプ マスターシリンダー、ブレーキ用2つ クラッチ用1つ です。ブレーキ用とクラッチ用では、径が異なります。ブレーキ用は、今のサーボをはずした状態のノーマルシリンダーど同等のものより、1mm径を小さくして、ブレーキの踏力を軽くする方向にチューニングです。

Tilton_2

一緒にフロントのブレーキパッドもお取り寄せ。フロントキャリパーをUS製のwillwood dynalite に換えているので、USからパッドが取れます。今回はPFCの01コンパウンドをチョイスしてみました。PFCは日本ではお高いですが、USではこのキャリパー用のものだと80ドルを切った価格で手に入ります。箱も中身も結構、そっけないです。

Photo

Photo_2

ロールバーのパッドも届きました。

Photo_3

マスターシリンダーやブレーキパッドは、サーキットを走ると消耗が激しいので、USから安価に安定して供給されると安心です。

2010年5月 9日 (日)

TARGA FLORIO 1989のジュリア

ALFA ROMEO GIULIA TI SUPER

"Fantere Storiche"

TARGA FLORIO 1989

と記載のあるこのミニカー

Photo

私のジュリアのカラーリングは、このミニカーのデザインを参考にさせてもらいました。

Photo_2

このミニカーの元の車を、ついにYou Tube で発見しました。

ミニカーのイメージより、ずいぶんといかつく見えます。ミニカーの方がセンス良いかな?

こちらのサイトにも、情報がありました。

Scuderia Pantere Storiche della Polizia というのは、日本の警察チームが武道の試合にでてくるように、警察のチームがエントリーしているということでしょうか?

日本では、警察のチームがレースやラリーにエントリーなんて考えられませんよね。

実物はTI SUPERではなくて1300のようです。

2010年5月 4日 (火)

155 タイヤ交換

今日は、暑いくらいのいい天気の中、半年に一度の恒例の155のタイヤ交換(スタッドレスから夏タイヤへ)をしました。冬の間に履いていたスタッドレスはミシュランのDRICE 195/55R15です。一般道のフィーリングはすごく良いですが、アイスバーンにはあまり強くない感じです。サイドにヒビがでてきて、スキー用としてはそろそろ交換時期かな?という感じです。

交換した夏タイヤは、ファルケン ZIEX ZE912 205/45R16です。こちらは特に嫌なところのない素直なタイヤです。

Photo

いつもはジャッキアップしてタイヤをはずしたついでに、ブレーキのエア抜きとエンジンオイル交換をするのですが、今日はそれらは行わず、タイヤ交換だけ。最近はブレーキ液とエンジンオイルは1年に一度の交換でいいかな?って感じになってきました。

ちょっと気になるマフラー。2年前にT-sportさんに入庫した際に、排気漏れしていたのでマフラーパテで処置してもらっていたのですが、まただいぶサビが進んでいるようです。155はマフラー交換している車両が多いですが、このノーマルマフラーは低回転では静かで、廻すとファーーンといい音がして、なかなか優れものです。まだまだ、長持ちしてくれるといいのですが・・・。

Photo_2

2010年5月 2日 (日)

室内アンダーコート剥がし

今日は、休日のエムズガレージさんを特別に開けてもらって、アンダーコート剥がしをしました。

うちのジュリアは既に前オーナーによって室内のアンダーコートが剥がされていましたが、センタートンネルのところと、リアシートの下に当たる部分は剥がされずに残されていました。

センタートンネルのところは、内張りが一部残されていましたが、その内張りを撤去してしまったところ、断熱材の繊維が毛羽立って残ってしまっていて、気になっていました。

レースの車検で、室内の可燃物とかいって注意されそうだし・・・。

Photo

今回は、このエアスクレーパーが大活躍。スクレーパーがエアの力で振動するものですが、アンダーコートを剥がすのには絶大な威力を発揮します。

Photo_3

シフト位置の周りだけ剥がしたところ。このあと、センタートンネル全てとリアシートの下のアンダーコートを全て剥がしました。 シーと外したりの準備に2時間、アンダーコート剥がしに5時間位かかりました。発生したごみの量からして、だいたい5kg位の軽量化にはなったと思います。

Photo

缶ペでチャチャッと黒に塗装。時間が無くなってしまったので、塗装はかなり雑ですが、写真だと良くわからないかな(笑)

Photo_4

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31