無料ブログはココログ

« 159のエンブレム お取り寄せ | トップページ | 159 エンブレム交換 »

2011年8月 6日 (土)

159 バッテリー交換

前の日曜日に運転免許の更新に行こうとして159に乗り込んだところ、セルが廻りません。電圧を測ると最初は12.3V位ありましたが、しばらくして少し充電してからもう一度測ると9.4Vに下がってしまっていました。完全にバッテリーが逝ってしまってます。

159のバッテリーは2年で突然ダメになるという噂は聞いていましたが、ついに来たようです。前オーナーさんからも、突然バッテリーがダメになってH21.6月にディーラーで換えてもらったと聞いていました。ということは、2年2ヶ月。2年でダメというのは、かなり正確なようです。

↓ダメになった純正バッテリー。EXIDE製。

Photo_2 

早速ネットで、155でもお世話になったB-power さんから再生バッテリーを取り寄せました。再生バッテリーというのは、使用済みバッテリーのサルフェーションを除去する処理をしたものですが、仕事の関係でフォークリフトのバッテリーの再生をやっている方がいて興味をもっていました。155で一度購入して使用し始めたのですが、すぐに車を手放してしまったので、耐久テストの仕切りなおしです。

届いたバッテリーはVARTA製のものでした。7,580円也。

純正は90Ahでしたが、今度のものは80Ahです。サイズは、315mm×175mm×190mmで純正と同サイズのものを選びました。

Photo_3

バッテリーを固定しているバンドを留めているナットが、手の入りづらい所にあって、はずす時は磁石を使ってうまく取れたのですが、はめる時に落としてしまいました。ドイトで、換わりのナットを調達して取り付けましたが、ナットの外径が13mmから12mmになってしまいました。

159

バッテリーを交換すると、すんなりエンジンはかかったのですが・・・

エンジンチェックランプが点灯してしまいました。

Photo_4

一度エンジンを止めて、部屋でネットを検索したりして対応を検討しましたが、どうしようもなさそうなのでディーラーに持ち込もうと再度エンジンをかけたところ、エンジンチェックランプが消えていました。

その後何度か、車に乗りましたが特に問題ないようです。アー良かった。

« 159のエンブレム お取り寄せ | トップページ | 159 エンブレム交換 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/116088/41110597

この記事へのトラックバック一覧です: 159 バッテリー交換:

« 159のエンブレム お取り寄せ | トップページ | 159 エンブレム交換 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31