無料ブログはココログ

« Premium Car Cover 届きました。 | トップページ | AR CUP袖ヶ浦 完走 & ボディカバー »

2012年6月 2日 (土)

159ディーラー修理&500ツインエア試乗

159のウォッシャータンクの水漏れ修理と、時々ヒルホールドシステムとVDCの警告灯が点いてしまうことへの対策のために、ディーラーで次の作業をしてもらってきました。

・クラッチスイッチ(46840511)交換

・ウォッシャータンクコネクション(71718908)交換

いずれも交換は自分でも出来るかとも思ったのですが、事前に見積もりしてもらったところ、工賃もそれほどかかるわけではなく、部品も高い部品ではなかったので、ディーラーに部品の取り寄せをお願いしてありました。

交換作業をちょこっと覗いたところ、クラッチスイッチの交換は、ダッシュパネルの一部をはずす必要があるし、クラッチを突っ張り棒のようなもので踏んだ状態で維持したりと、結構面倒そうでした。

交換後、問題が2つ発覚。

ひとつは、ウォッシャー液を入れても、ウッシャー液不足の警告灯が点いてしまうこと。これは、確認してもらった所、以前私が一度センサーを外した際に逆向きに差し込んでいたためで、ディーラーで直していただきました。余計な手間をかけさせてしまい、申し訳なかったです。

もうひとつは、コンピューターのエラーで、クラッチスイッチではなく、ABSユニットの異常が出ていたこと。もし、クラッチスイッチを交換したにもかかわらず、また同じ警告が出た場合はABSユニットのアッセン交換になるかもしれないとのこと。ABSユニットは部品代で13万円、工賃含めると15万円オーバーコースだそうです。

警告が出ないことを祈ります。(警告出ても、放置しますけど・・(汗))

作業を待っている間に、Fiat 500 TwinAir に試乗させてもらいました。

F1020296


ツインエアユニットは、エンジンをかけた途端、トコトコと鼓動を感じます。ちょっと旧いくるまみたい。走り出しても、低回転ではトコトコ、いかにも2気筒の鼓動を感じ、高級感とは程遠いです。でも、この車の外観からうける印象と、500というキャラには妙にマッチしていて嫌いじゃないです。ただ、低回転のフィールはちょっと、ノッキングしているっぽくて、慣れるまで気持ち悪かったです。

少し回転を上げると、ノッキングしているようなフィーリングは無くなり、スムーズに吹けあがります。

ツインエア、結構気に入りました。最近試乗した、ジュリエッタ、BMW320iともに良く出来ているけど欲しいとは思わないという印象でしたが、ツインエアは逆に、上質じゃないけど欲しいかも、って思いました。

うーん、なんでだろう!?159を持ったまま、近所の足にこれもあったら最高です。

F1020295

« Premium Car Cover 届きました。 | トップページ | AR CUP袖ヶ浦 完走 & ボディカバー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/116088/45506957

この記事へのトラックバック一覧です: 159ディーラー修理&500ツインエア試乗:

« Premium Car Cover 届きました。 | トップページ | AR CUP袖ヶ浦 完走 & ボディカバー »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30