無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月27日 (日)

159 ベタベタ補修

Fの348など90年代のイタ車は10年超経つと室内のブラスチック部品がベタベタになる現象が有名です。

155も以前ベタベタになり補修したことがありました。
159にもついにきました。2000年代後半になっても改善されていなかったのですね。WEBで検索するとイタ車に限らず、北欧車やドイツ車でも発生しているようです。
グローブボックスのハンドルと左右ドアハンドルがベタベタになりました。
Img_0457
Img_0460
パーツクリーナーを布につけて根気よくベタベタを拭き取ります。布の場所を替えながら何度も何度も拭き取ると、ベタベタがとれてツルツルになります。
最後に樹脂用コーティング剤を塗って完成です。
Img_0461
1か所で疲れてしまったので、運転席側は持ち越しにしました。

2016年3月21日 (月)

DDR で練習

前回のレースで袖森は練習が必要とわかったのですが、なかなか練習走行にも行けないのでDDR池袋でシュミレーターに乗ってきました。

Img_0434
1本目 袖ヶ浦FRW ロータスエリーゼ カップカー マニュアルシフト 15分
     ちょっとアンダー強めで、パワーかけてもリアは出ず。真面目に走るしかない。
2本目 袖ヶ浦FRW AE86  マニュアルシフト 15分
     アシストオフで実車に近い挙動。パワー感無く加速は遅いが練習になった。
まじめに練習はここまでにして、あとはお遊びタイムにしました。
3本目 鈴鹿サーキット旧コース  Ferrari F1 V12 プロスト車 10分
        とにかく音が最高!メカニカルグリップもあって超クイック。これに慣れるとジュリアが運転できなくなるかも(汗 でもまた乗りたい。
4本目 FSW Ferrari 430 レースカー 10分
     オーバーステアのじゃじゃ馬。ブレーキ強くかけたままハンドルを切ると即横を向く。アクセルオンでも横を向く。止めるブレーキと曲げるブレーキを明確に使い分けて、きっちり向きを変えてから全開にする必要がある。ある意味、練習になる。
久しぶりにDDRでしたが楽しめました。また、行こう。
↓それにしてもこの頃のF1はいい音しますね。痺れます。

2016年3月20日 (日)

159 フロントスモールライト切れ

今日、159の洗車にGSに行こうとすると、警告メッセージが。

”Check left hand side front light"
Img_0437
フロント3連ライトの真ん中、スモールライト(ポジションライト)が切れていました。
159の取扱説明書を見ると、ちゃんと交換方法が載っていました。必要な電球は「12V5W ブルーバルブ ソケットなしAタイプ 」とのこと。
ネットで検索してだいたいわかったので、ロジャースでそれっぽいの買ってきました。
Img_0441
ライト裏のふたをひねって開けて、つまみを引っ張るとライトが取り出せます。良くできていますね。
Img_0440
戻すのにとまどりましたが、無事装着完了。
左ライト(向かって右)が交換したもの。交換した方が青っぽく、交換していない右は電球っぽい色でちぐはぐになってしまいました。元々ブルーのライトが使われていますが、上の写真のように先端の青色が飛んでしまい電球の色になってしまっているようです。
要領はわかったので、そのうち右も取り換えましょう。
Img_0442001
 

2016年3月14日 (月)

2016/3/13 袖ヶ浦車載ビデオ

予選ベストラップのビデオです。

10週走った最後の周がベストラップでした。
この周はバキ切り気味で、悪い見本その1という感じ。
決勝です。
スタート決まりましたが、1周目、2周目は速い車にかなり厳しく抜かれています。
その後は、後ろからMG Midgetに追われていて、ミスしないように走ったのですが、その分攻められず消極的な走りになってしまいました。悪い見本その2.
決勝のロガーデータです。

<

袖ヶ浦FRWは、まだまだ走り込みが足りず、試行錯誤しながら走っています。
今年はエントリー増やそうかな。

AR CUP 2nd 袖ヶ浦FRW(TBCC)

袖ヶ浦FRWで行われたAR CUP 第2戦に行ってきました。

TBCC&ファミリーサーキットディの中で行われました。
Img_0430
予選は1’23’08611番手(クラス3番手)でした。過去のベストが22秒台なので、まずまず。
決勝前は小雨がパラつきましたが、スタート時には降り止むコンディション。
スタートは良かったのですが、1週目2台、2週目2台に抜かれ、12番手(クラス4番手)でゴールでした。
 
他車はタイムアップする車もある中、決勝ベスト 1'25'579 と予選より2.5秒も遅いようではダメですね。
すぐ後ろから#133のMG Midget さんに追われていましたが、なんとか逃げ切り、楽しめたと声をかけて頂いたのが収穫でした。
動画は後日アップします。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31