無料ブログはココログ

« 159 オイル交換他 | トップページ | Giulia エンジン開けました。 »

2016年6月12日 (日)

Giulia ブレーキパッド交換 FERODO DS1.11

早速、ブレーキパッドの交換をして、パッドの焼き入れに行ってきました。

フロントは、umihira さんのキットを使って、wilwood dynalite キャリパーに交換しています。
wilwood キャリパーはUSのメーカーでそれなりに出ているものなので、パッドの選択肢が多いのも選択の理由でした。
しかしながら、今までどうもしっくりくるものに出会えませんでした。
まず、USのパーツ屋さんで安く買えたPFC の01コンパウンドですが、固定の穴の径が小さく加工が必要なのと、パッドの厚みが厚く入らないため削ってからでないと装着できませんでした。
次に国内メーカーのGRID製は、私が残量が少ないところまで使い過ぎたこともありますが先日、砕けてしまいました。下の写真は、GRIDとFERODOの比較ですが、GRID製の方がバックプレートの厚みがあることがわかります。ジュリア用のwilwoodキャリパーは厚みのあるパッドは入らないので、バックプレートが厚いとその分摩材が薄くなってしまいます。
今回のFERODOはバックプレートが薄く、市販品がそのまま無加工で装着できました。
計測値 FERODO 新品時
バックプレート込みの厚み 12mm
バックプレートの厚み      3mm
摩材の厚み            9mm
Dsc_5419
Dsc_5421
夜になって、高速道路を使ってブレーキパッドのテスト&焼き入れをしてきました。
フィーリング 効きとも良好です。フロントパッドはFERODO DS1.11で決まりかな。
高速道路を降りる寸前になって、突然、排気音が爆音に!
割れていたエキマニが完全にずれてしまったようで、直管の音ですね。恥ずかしい思いをしながらそっと帰ってきました。
近くにエムズさんに入庫して、エンジンOHとエキマニ修理をお願いするつもりです。
 

« 159 オイル交換他 | トップページ | Giulia エンジン開けました。 »

コメント

上に前回の袖ヶ浦の動画アップしました。良かったら覗いてみて下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=QliMutfYghE&nohtml5=False

>杉 悪太郎さん

ポールtoウィン、おめでとうございます。

エランを追っかけているとき、アドレナリン出まくりな感じでしたね!


是非次戦は一緒に、、、もう暑くないでしょうし。宜しくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/116088/65985883

この記事へのトラックバック一覧です: Giulia ブレーキパッド交換 FERODO DS1.11:

« 159 オイル交換他 | トップページ | Giulia エンジン開けました。 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31