無料ブログはココログ

2017年6月 7日 (水)

Giulia タイヤ裏組み

先月のことですが、GiuliaのSタイヤを、消耗の激しい左フロントのみ交換、その他を裏組みしてもらいました。

Img_0327
筑波サーキットも袖ヶ浦フォレストレースウェイも左回りのため、左フロントの消耗が激しいです。そこで1本だけ新品を購入したのですが、その他を裏組みしようとすると新品は右側に行くことになり、結果右フロントを新品に。1本交換はイマイチだったか?
Img_0329

2017年3月20日 (月)

159 & Giulia オイル交換など

まずは159。タイヤをスタッドレスから夏タイヤに。同時にエンジンオイル交換しました。SUNOCO SVELT 5W-40。

Img_0887
そのあと、ジュリアのオイル交換。MOTUL 300V LE MANS 20W-60。
それからタイヤ4輪はずして、バランスウェイトに落下防止のアルミテープを貼っておきました。
その後、マフラーをサイドマフラーに換えてみようと思いステーのボルトナットを全て外しましたが、結局、差し込み式の排気管が外れず断念しました。
Img_0888
ニュータイヤに交換後、3/5の筑波、3/12の袖ヶ浦とドライで2戦使ったADVAN A050。フロントのアウトサイドは結構消耗しています。

2017年2月19日 (日)

マフラーガード取付け&入院

マフラーの一番低い所がいつの間にか擦るようで、すぐにバンテージがボロボロになってしまいます。対策として、0.3mmの薄いアルミ板をホースバンドで固定してみました。

Img_0858
その後、エムズガレージさんに入庫。
ペダル下にアルミの縞鋼板を貼ってもらうのと、キャブのエア吸い込みの修理です。
Img_0860

2017年2月12日 (日)

フロアの断熱とタイヤ交換

3/5 SUPER BATTLE OF MINI 筑波サーキット、3/12 TBCC 袖ヶ浦フォレストレースウェイと2週連続でレースの予定です。

それに向けて準備を進めています。
センタートンネルが熱くなって右足は低温やけどしそう、左足は隙間風で冷たいマイジュリア。前からやりたいと思っていた断熱処理に取り掛かりました。
↓施工前の様子
Dsc_5537
↓COOL IT INSULATING MAT。銀色のシートに断熱材がサンドイッチされている構造です。
接着剤がついていないので専用のスプレーのリも入手しました。
Dsc_5538
↓まず、パーツクリーナーで脱脂してから、一番熱くなるフロアトンネルから貼り込んでいきます。
Dsc_5540
↓それからバルクヘッド側にも貼り込みました。
このあとエムズさんで、フロアとフットレストを縞鋼板で作成して頂く予定です。
Dsc_5541
↓1年半使ったタイヤも新調しました。左フロントの傷みがひどかったので2戦持つか不安だったので。
前と同じ、A050 205/50R15 Mコンです。
Dsc_5543

2017年1月15日 (日)

レース前メンテ

来週1/22大雨でレース途中で順延になったTBCC 第3戦の振替でレースがあります。

まず、オイル交換のときに気が付いた、スタビ取付けのはずれを修理。
Img_0823
ミッションOH後2戦走ったのでミッションオイルの交換。
Img_0825
交換後はシフトのフィーリングが良くなりました。
OH後なので短いスパンで替えたつもりでしたが、結構かわるものですね。
お隣はキャッパリーニ カラーのジュリアスーパー。
オーナーが変わって、一緒にレースが出来そうです。
Img_0819
家に帰ってから、娘に手伝ってもらって、ハチマキを貼りました。
Img_0828

2017年1月 7日 (土)

Giulia オイル交換

ヤフオクで落としたオイルが届いたのでオイル&オイルフィルターを交換しました。

オイルはMOTUL 300V LeMans 20W-60。いつもは15W-50でしたが、たまたま安く手に入ったので少し固めですがしばらくこれでいってみます。
Img_0815  
ついでにエンジンルームがだいぶ汚れていたので、パーツクリーナーで拭き掃除しておきました。
Tuned by M's Garage のエンジンルーム、いい佇まいになってきたと自画自賛(^.^)
Img_0817

2016年12月31日 (土)

大晦日は車いじり

大晦日はやり残したことをやらねば。

まず、お正月にむけて159を洗車。
いつものGSに行ったら洗車機が大行列だったので諦めて家で手洗い。
コーティング剤を買っている所のピカWASHというのを使ったので、ちょっと艶がいいかも。
Img_0749
パワステオイルを継ぎ足し。ステアリングギアボックスに問題を抱えていて少しずつパワステオイルが減りますが、多めに入れておくと具合がよいので、そのまま乗り続けています。
Img_0751
ジュリアの方は、アイドリング付近でプスプスいうので、アイドリングジェットをはずしてキャブクリーナー吹いてみました。
次に、差し込み式に変更したマフラーの継ぎ目に煤がついていたので、ボルトナットが緩んでいるか確認。特に緩みはありませんでした。
それから、イギリスから取り寄せたリアブレーキパッドが数日前に届いたので交換。
Img_0753
今度のパッドはFERODO FCP3H、DS2500コンパウンドのものです。新品はパッド部分の厚み10mmです。
今まで使っていたTaroxも8mm残量があり、思っていたより減ってませんでしたが、交換して予備にすることにしました。
ブレーキバランスもう少しリア寄りにしてもよいかも。
Img_0755
今年のAR CUPは、ブレーキトラブルとミッショントラブル、エンジンOH後のキャブ燃料ホース抜けとトラブルが続き、満足な成績を残せませんでした。
トラブルは今年出し切ったと思うので、来年はドライビングを進化させたいと思っています。

2016年8月27日 (土)

タコ足にバンテージ

ジュリアのタコ足とエキパイにバンテージを巻きました。

使用したのはDEIのTITANIUM Exhaust Wrap(チタニウム エキゾースト ラップ)という製品です。
こちらの製品は水で濡らしたりせずそのまま巻くだけなので手軽に巻けると思ったのですが、エキマニ(タコ足)は湾曲が多く、隙間の狭いところもあるので苦戦して、4時間くらいかかりました。
先日の遮熱シートと相まって、鉄板むき出しの足もとからの熱で暑かった室内が快適になることを期待しています。
Img_0614
Img_0619
Img_0620
もうエンジンも載っていて、排気系のフィッティングも終わっています。
来週には出来上がってくる予定です。
エキマニ変わって、どのような音になるか、吹けあがりはどうか、楽しみです!
Img_0617

2016年8月 6日 (土)

バルクヘッドの遮熱

ジュリアは内装の断熱・遮音材を剥がして鉄板むき出しな上に、エンジンもチューニングして発熱量が増えているため、室内がかなり暑くなります。

エンジンが降りているうちに、バルクヘッドに遮熱シートを張り込むことにしました。
↓amazon USA から取り寄せた、Themo-Tec  Aluminized Heat Barrier 。火曜日に注文して木曜日にはUPSで届きました。
Img_0566
エンジンが降りて、すっからかんのGiuliaのエンジンルーム。
ガソリンで脱脂するのが大変でした。
Img_0571
施工後。
排気が左ハンドルの下を通る構造なので、左ハンドル側(向かって右側)中心に貼り込みました。
センタートンネルも熱くなるので、手前側は貼りました。
Img_0576
エンジンはもう組み上がっていて、あとは積むだけの状態です。
Img_0567

2016年8月 2日 (火)

Giulia エンジン 部品届いた。

部品待ちだったGiuliaのエンジンですが、やっと部品が届き、組みつけが始まっていました。

既にクランクシャフトが組み込まれ、1個だけピストンが入った状態の腰下。
Img_0557
部品待ちだったピストンリングとメタルが組みつけられています。
それぞれレース用スペシャルパーツです。
Img_0558
タコ足も届きました。今度は4-2-1です。
Img_0563
こちらは今までの4-1のエキマニ。真っ二つに割れています。もう薄くなっているので修理してもまた、折れるでしょう、ということで交換になりました。
Img_0564
先に組み上がっているヘッド側です。
Img_0561

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30